九州大学 先導物質化学研究所 融合材料部門ナノ組織化分野 菊池・奥村研究室

研究内容

液晶や高分子などの機能性分子に特異な秩序構造や組織構造を持たせ、分子自身のもつ機能と集合形態に起因する機能を融合させ、全く新規な「ソフトマター」を創り出します。そのソフトマターの構造と物性を調べ、高度なエレクトロニクス、フォトニクス機能を示す材料に応用します。 菊池研では、材料メーカ、デバイスメーカと共同で高速応答液晶表示素子を開発しています。 これにより液晶テレビの画質が格段に向上することが期待されます。

菊池・奥村研究室の特長

物質研究において合成化学(もの創り)と物性評価(本質の理解)は車の両輪のようなものですが、研究室ではその両方を一つの研究室内で同時にかつ相補的に行うことができます。

人材育成

広い視野と深い洞察で物性を理解し、物性の観点から高度な機能を発現する新しい物質の分子設計と創製をできる人材の育成を目指しています。

  • 九州大学
  • 先導物質化学研究所
  • 九州大学大学院総合理工学府
  • 量子プロセス理工学専攻
  • グローバルCOE 新炭素資源学
新着情報一覧